最新!認知機能サプリメント・ハセトール



ハセトールの3つの有効成分

内容量・成分

製品紹介
活性酸素を生成する新たな生理物質「ホモシステイン酸(HCA)」と高齢期の認知機能のメカニズムに着目した長谷川理論式サプリメント。
名称フェルラ酸加工食品
原材料名
日本山人参(ヒュウガトウキ)葉粉末/フェルラ酸、焼成サンゴカルシウム、HPMC、ビタミンC、ナイアシン、結晶セルロース
内容量33.3g(370mg×90カプセル)
栄養成分表示
3カプセル(1.11g)当たり
エネルギー/3.4kcal、たんぱく質/0.06g、脂質/0.05g、炭水化物/0.68g、食塩相当量/0.002g
※仕様は予告無く変更になる場合があります。

長谷川理論概要とは?

日本ではアミロイドβ説が主流となっていますが、認知機能低下のメカニズムホモシステイン酸値という別の視点から考えたのが長谷川理論です。

ホモシステイン酸とは?

ホモシステイン酸は簡単に言えば私たちの体の中に、活性酸素を作り出す物質です。このホモシステイン酸が含まれている方は、老化が促進するという現象が見られます。




いつまでも自分でしっかりとしたい方に家族のことが心配な方に毎日の健康維持に冴えわたる毎日を。
加齢にともない食事量が減ると、脳に大切な成分の摂取量も減ると考えられます。
いつまでも明るく元気に、前向きな気持ちでいるためにも、不足しがちな栄養素等をサプリメントでしっかりと補いましょう。