今の時代に合ったお金の増やし方

資産運用の重要性

2022年4月から高校の家庭科・公共の授業の中で「資産形成」の視点にも触れられることになりました。これは「資産形成」が、皆さんの生活の中で重要になってきている。そして、大切なお金を低金利の預貯金に眠らせるのではなく、元手として積極的に運用する「資産運用」が必要になってきたということです。

貯蓄でお金が殖えた時代

皆さんは、手にしたお金(給与・アルバイト・お小遣い・お年玉)をどのように使っていますか?
ゲームやマンガ、洋服など、欲しいものはたくさんあるけれど、「無駄遣いしないで貯金しなさい!」と親に言われ、銀行や郵便局に預けていた人も多いはず。

金融の世界で「貯蓄」と呼ばれるこうしたお金は、かつては高い金利のおかげで「ただ預けているだけ」で殖えていきました。高度経済成長期を迎え、日本が先進国へと駆け上がっていたころの話です。
「では、どうして?」早いうちから「資産形成」や「資産運用」のことを学ぶことが求められているのでしょうか。

超低金利時代を迎えて

その後も日本経済は順調に成長を続け、1989年末には日経平均株価が最高値(38,915円87銭)を記録。まさしく、順風満帆な経済情勢だったといえるでしょう。
ところが90年代に、状況は一転。

バブル経済が崩壊し、華やかなりし時代は息をひそめてしまいます。地価や住宅価格の急落などにより不良債権が拡大し、大手金融機関も相次いで破綻に追い込まれてしまいました。戦後初のマイナス成長を余儀なくされ、日本銀行はゼロ金利政策を敢行。
以後、低金利時代の幕開けとともに、銀行や郵便局に「ただお金を預けているだけ」では、貯金はなかなか殖えなくなってしまいました。

漠然とした将来への不安……

恒常化する低金利時代に加えて、気にかかるのは将来の「年金」のこと。日本の年金制度は基本的に、今の現役世代から集めた掛金を今の年金世代に渡すしくみになっています。
ところが、日本では「少子高齢化」が急速に進んでいるので、現役世代が減り、年金生活者を支えることが難しくなってきています。

また、老後の時間が長くなってきているため、老後の生活費を年金だけに頼るのは難しそうです。事実、老後の生活について不安を抱える人は、じわじわと増えてきています。
若い世代では、特に収入が少なく今現在、生活に困窮している若者も多く将来に不安を感じている方は多くいます。この様な現状から投資に興味を持つ方も増えています。

将来の不安から資産運用を始めるのは結構ですが、
自分で投資を行っても失敗する確率の方が高いのが現実!

投資や副業で失敗して来ました

私は、少しでも収入を増やそうと思い今まで様々な投資や副業に手を出しては失敗して来ました。株式投資・FX・不動産オーナー、MLMやセドリ。どれも上手くいきませんでした。書店の投資系の書籍では、「だれでも稼げる」「初心者でも簡単」などの謳い文句が多く有りますが、本当に書籍を読んで投資でけてるのであれば、全ての日本人がお金持ちになれます。現実は投資などで収入を増やせるのはごく一部の少数の方達のみで、結局は素人では簡単にお金を増やせないというのが現実だと痛感しました。

そんな中、私でもお金を増やせるものに巡り合い、私の様にお金を失い続けた者でもお金を増やすことが出来ました。そして、今も増え続けています。投資で負け、「稼げる」という言葉に騙され、副業で逆にお金を減らしてしまった私と同じような方へ、この情報を伝えたいと思っています。

個人が投資で勝てない理由

お金を増やす方法としては、「株式投資」「FX」「不動産投資」などがよく知られています。しかし、普通の一般人が自分で投資をしてお金を増やそうとしても、確実にプロ投資家に負けます。お金を増やそうとしても減らしてしまうのが現状です。

お金を増やす(得る)方法

下記の様にいろいろありますが、
労働(アルバイト・パート)
時給なので時間を費やします。既に仕事をしている方の場合は、仕事が終わった後にさらにアルバイトをすることになるので厳しいですね。また、手にできる金額も小額です。
ビジネス(副業)
誰でも上手くいくわけではありません。何方かというと上手くいかずに初期投資や費用を失う確率の方が高いのではないかと思います。また、ネット上には「楽に稼げる」的な詐欺情報も多く、安定して収入を得られるものは余りありません。
投資(株式投資・FX)
投資といえば株式投資やFXの情報が目につきますが、素人が株やFXをやってもほとんど勝てません。増やすどころか減らす確率の方がはるかに高いのが現状です。
投資(不動産)
初期投資が高額で誰でも気軽にできるものではありません。比較的低額で不動産投資サービスを提供している会社もありますが、やはり利率が高いわけではありません。
保険商品
払込期間が15年~20年などと期間があまりにも長く、その割には利率も高くはありません。また、払込期間中に支払いができなくなり解約になる人が多いのが現状です。※15年~20年では何が起こるかわからないので、途中で支払いができなくなる可能性は誰にでもあります。

個人的には、どれもお勧めはしません。私がお勧めできるのは資産運用ファンドのみです。

資産運用ファンドとは?

ファンドには元来「基金」や「資金」といった意味がありますが、一般的には資産運用のための金融商品やそのような商品を運用する会社を表す言葉として使われています。お金を増やしたい一般人や投資家から資金を集め、その資金をファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが運用する仕組みをもっています。
出資者は運用によりファンドの純資産の増加とともに基準価格が上昇して利益が生まれると、その利益の一部あるいは全部を分配金という形で受け取ることができます。
また、運用会社はファンド資産から信託報酬や売買委託手数料、監査費用などを徴収します。

資産運用ファンドでお金を増やして貰う

優秀で勝てるプロ投資家が在籍している資産運用ファンドにお金を預ければ、誰でも資産を増やせる可能性があます。
しかも、投資・運用を人任せなので自分は何もしなくてよく、ただ満期になるのを待つだけです。自分で投資を行っていた時などは、常に値動きが気になり仕事に集中できない状態でしたが、今は、何も気にしなくて良いので精神的にも楽にお金を増やせています。

メリット

分散投資

ファンドは通常、複数の銘柄や資産を投資対象としているため、ファンドに投資することで自動的に分散投資になります。この分散投資によって、特定の銘柄や資産が下がったり急落したとしても、ファンド全体の損失リスクが抑えられるというリスクの分散効果が得られます。

プロの運用

プロの運用担当者に任せることで資産運用の成功確率が高まり、出資者自らが商品の銘柄選定や組み替えなどを一切することなく、プロの運用担当者に資産運用を任せることができるので忙しい人でも気軽に資産運用ができます。実際の運用成績はファンドにより異なりますが、一般的にプロが経験やスキルを武器に運用に必要な判断をするため、資産運用の成功確率は高くなります。

投資チャンスの拡大

ファンドの資産規模やスケールメリットを活かして個人では到底投資できないような運用も可能になるため、投資チャンスが拡大します。

デメリット

最低投資額

最低投資額や手数料が高いファンドも有ります。最低投資額が日本円で1,000万円から億単位のものまでありますし、成功報酬型の手数料の場合には運用益の20%や30%というものも珍しくありません。収益性に目を奪われることなく、冷静にコスト面も考慮するよう注意が必要です。半面、信託報酬率が0.03%という非常に低い手数料を設定している運用会社もあります。

運用状況の透明性

理解しづらい商品や情報開示が不透明な運用会社もあります。商品の仕組みが一般投資家になじみにくいものがある点が挙げられます。また、金融上の規制が緩いファンドなどの場合、情報開示に消極的であるためにファンドのパフォーマンスやどのように日々運用されているのかが見えにくい商品もあります。

一概に「資産運用ファンド」といっても様々です。銀行や証券会社の関連会社が行っているものや一般企業が独自に行っているもの中には、詐欺っぽい会社も存在します。
また、資産運用ファンドは私の知る限りその多くが富裕層向けです。その為、運用額が少なくても1億以上の会社が多く一般庶民には無縁のものです。しかし、中には一般の方でもできる資産運用ファンドが存在します。

資産運用ファンドの見極め方ポイント

上記のメリットとデメリットを踏まえて、資産運用ファンドの見極め方ポイントをお教えします。

私が実際に資産運用ファンドで運用をやってみた経験から資産運用ファンドを見極めるポイントを纏めました。
1.

小額で運用できる。

低資金で出来るものが良いです。1億以上を必要とする会社が多いのですが、少額から可能なファンドもわずかに存在します。
2.

手続きが簡単である。

必要書類の用意や書面でのサインなど面倒な手続きが、極力不要なほうが始めやすいです。
3.

短期の運用である

保険商品などの様に、15年などの長期間だとその間に何が起きるか解らない。実際、現在はコロナの影響で長期間の契約を解約する方も増えています。この為、運用期間が短い方がリスクは少なく安心して運用して貰えます。
4.

安定して運用出来ている

一時的に大きく増えたり、下がったりではリスクが高くなります。利率が少々低くても安定して運用ができているファンドが良いです。
5.

高い利率である

月利数%(一けた台)程度が理想ではないかと思います。
※一けた%などありえない。と思われる方がいるかと思いますが、世界の運用利率では驚くほど高い物ではない様です。
6.

信用度が高い

法的にもしっかりと整備された国の資産運用ファンドが理想です。当然、日本の会社の方が信用は出来るかと思いますが利率が低い。東南アジアなどのどこか怪しげな運用会社が行っている様な物は、利率は高いがリスクも高いので避けるべきです。ユーロ圏やアメリカの資産運用ファンドが比較的安心ではないかと思います。

繰り返しますが

お金を増やす最善策は、
  • 富裕層けの資産運用機関で
  • 世界トップレベルの勝てるプロトレーダーに
  • お金を運用してもらう。
これが一番だと思います。

運用のプロ集団が在籍する運用ファンド

資産運用ファンドは主に富裕層向けになります。この為、一般の方には資産運用ファンドの情報は伝わらず馴染みがない無縁なものと思われがちです。しかし、ビジネスクラスが情報提供する資産運用ファンドは、本来は富裕層のみが享受できるサービスが一般の方でも利用できるファンドとなります。

そうは言っても、その投資のプロとはどこで会えるのでしょうか?

ビジネスクラスで出会えます。ビジネスクラスには、上記で説明した条件に一致する資産運用ファンドの情報があります。
運用ファンドや記事に興味を持たれた方、運用に関してもっと知りたい方は、下記からご連絡を下さい。

当記事に掲載されている内容は、あくまで個人的な見解や情報の提供です。
投資や資産運用のサービスは、ご自身の判断と自己の責任において行ってください。