資産運用ファンド情報

はじめに

当記事に掲載されている内容は、あくまで個人的な見解や情報の提供です。

投資や副業で失敗して来ました

私は、少しでも収入を増やそうと思い今まで様々な投資や副業に手を出しては失敗して来ました。株式投資・FX・不動産オーナー、MLMやセドリ。どれも上手くいきませんでした。書店の投資系の書籍では、「だれでも稼げる」「初心者でも簡単」などの謳い文句が多く有りますが、結局は素人では簡単にお金を増やせないというのが現実だと痛感しました。

そんな中、私でもお金を増やせるものに巡り合い、私の様にお金を失い続けた者でもお金を増やすことが出来ました。そして、今も増え続けています。投資で負け、「稼げる」という言葉に騙され、副業で逆にお金を減らしてしまった私と同じような方へ、この情報を伝えたいと思っています。

個人が投資で勝てない理由

お金を増やす方法としては、「株式投資」「FX」「不動産投資」などがよく知られています。しかし、普通の一般人が自分で投資をしてお金を増やそうとしても、確実にプロ投資家に負けます。お金を増やそうとしても減らしてしまうのが現状です。
素人が確実にお金を増やす為には、

レベルの高い投資のプロに任せるしかない!と思います。

そうは言っても、その投資のプロとはどこで会えるのでしょうか?

資産運用ファンドには、投資のプロが在籍しています。しかし、資産運用ファンドは主に富裕層向けになります。この為一般の方には、資産運用ファンドは馴染みがない無縁なものと思われがちです。

ファンドとは何か?

ファンドには元来「基金」や「資金」といった意味がありますが、一般的には資産運用のための金融商品やそのような商品を運用する会社を表す言葉として使われています。お金を増やしたい一般人や投資家から資金を集め、その資金をファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが運用する仕組みをもっています。
出資者は運用によりファンドの純資産の増加とともに基準価格が上昇して利益が生まれると、その利益の一部あるいは全部を分配金という形で受け取ることができます。
また、運用会社はファンド資産から信託報酬や売買委託手数料、監査費用などを徴収します。

資産運用ファンドでお金を増やして貰う

優秀で勝てるプロ投資家が在籍している資産運用ファンドにお金を預ければ、誰でも資産を増やせる可能性があます。
しかも、投資・運用を人任せなので自分は何もしなくてよく、ただ満期になるのを待つだけです。自分で投資を行っていた時などは、常に値動きが気になり仕事に集中できない状態でしたが、今は、何も気にしなくて良いので精神的にも楽にお金を増やせています。

資産を増やす最善策は、
  • 富裕層けの資産運用ファンドで
  • 世界トップレベルの勝てるプロトレーダーに
  • お金を運用してもらう。
もうこれしかない!と思います。

メリット

分散投資

ファンドは通常、複数の銘柄や資産を投資対象としているため、ファンドに投資することで自動的に分散投資になります。この分散投資によって、特定の銘柄や資産が下がったり急落したとしても、ファンド全体の損失リスクが抑えられるというリスクの分散効果が得られます。

プロの運用

プロの運用担当者に任せることで資産運用の成功確率が高まり、出資者自らが商品の銘柄選定や組み替えなどを一切することなく、プロの運用担当者に資産運用を任せることができるので忙しい人でも気軽に資産運用ができます。実際の運用成績はファンドにより異なりますが、一般的にプロが経験やスキルを武器に運用に必要な判断をするため、資産運用の成功確率は高くなります。

投資チャンスの拡大

ファンドの資産規模やスケールメリットを活かして個人では到底投資できないような運用も可能になるため、投資チャンスが拡大します。

デメリット

最低投資額

最低投資額や手数料が高いファンドも有ります。最低投資額が日本円で1,000万円から億単位のものまでありますし、成功報酬型の手数料の場合には運用益の20%や30%というものも珍しくありません。収益性に目を奪われることなく、冷静にコスト面も考慮するよう注意が必要です。半面、信託報酬率が0.03%という非常に低い手数料を設定している運用会社もあります。

運用状況の透明性

理解しづらい商品や情報開示が不透明な運用会社もあります。商品の仕組みが一般投資家になじみにくいものがある点が挙げられます。また、金融上の規制が緩いファンドなどの場合、情報開示に消極的であるためにファンドのパフォーマンスやどのように日々運用されているのかが見えにくい商品もあります。

一概に「資産運用ファンド」といっても様々です。銀行や証券会社の関連会社が行っているものや一般企業が独自に行っているもの中には、詐欺っぽい会社も存在します。
また、資産運用ファンドは私の知る限りその多くが富裕層向けです。その為、運用額が少なくても1億以上の会社が多く一般庶民には無縁のものです。しかし、中には一般の方でもできる資産運用ファンドが存在します。

資産運用ファンドの見極め方ポイント

上記のメリットとデメリットを踏まえて、資産運用ファンドの見極め方ポイントをお教えします。

私が実際に資産運用ファンドで運用をやってみた経験から資産運用ファンドを見極めるポイントを纏めました。
1.

小額で運用できる。

低資金で出来るものが良いです。1億以上を必要とする会社が多いのですが、少額から可能なファンドもわずかに存在します。
2.

手続きが簡単である。

必要書類の用意や書面でのサインなど面倒な手続きが、極力不要なほうが始めやすいです。
3.

短期の運用である

保険商品などの様に、15年などの長期間だとその間に何が起きるか解らない。実際、現在はコロナの影響で長期間の契約を解約する方も増えています。この為、運用期間が短い方がリスクは少なく安心して運用して貰えます。
4.

安定して運用出来ている

一時的に大きく増えたり、下がったりではリスクが高くなります。利率が少々低くても安定して運用ができているファンドが良いです。
5.

高い利率である

月利数%(一けた台)程度が理想ではないかと思います。
※一けた%などありえない。と思われる方がいるかと思いますが、世界の運用利率では驚くほど高い物ではない様です。
6.

信用度が高い

法的にもしっかりと整備された国の資産運用ファンドが理想です。当然、日本の会社の方が信用は出来るかと思いますが利率が低い。東南アジアなどのどこか怪しげな運用会社が行っている様な物は、利率は高いがリスクも高いので避けるべきです。ユーロ圏やアメリカの資産運用ファンドが比較的安心ではないかと思います。

資産運用は大切

日本人の多くが、「お金は銀行に入れておけば大丈夫!」と思っている方が多く資産運用には消極的です。お金を銀行に入れておけば、盗まれたり奪われたりしないので安全ですが、日本の銀行の利率では「預けても、まったく増えません。」折角、お金を持っているのでしたら一部でも運用に回して、堅実に増やす方が賢いと思います。
日本では未だにお金は「汗水流して働いて手にする物!」と考えている人たちが大勢いる様におもいます。しかし、例えばアメリカでは資産運用は当たり前のことで、多くの人が資産を運用して増やしています。

最後に繰り返しますが

資産を増やす最善策は、
  • 富裕層けの資産運用機関で
  • 世界トップレベルの勝てるプロトレーダーに
  • お金を運用してもらう。
もうこれしかない!と思います。

まとめ

今回は資産運用ファンドについて最低限知っておきたい基本的な仕組みや特徴などをご説明しました。資産運用に興味があるものの、忙しくて中々自分では管理できないという方には、資産運用ファンドが始めやすいかと思います。大きなリスクを避けて投資を始めたい方は、余剰資金を活用し、少額投資から少しずつ運用してみてはいかがでしょうか?

記事に興味を持たれた方や、私がお金を増やしている運用ファンドに関して知りたい方は、
コチラ↓からご連絡を下さい。

当記事に掲載されている内容は、あくまで個人的な見解や情報の提供です。
投資や資産運用のサービスは、ご自身の判断と自己の責任において行ってください。

関連記事

月利8~10%の運用は、海外では普通

はじめに 当記事に掲載されている内容は、あくまで個人的な見解や情報の提供です。 月利・複利で10%? 月利・複利で10%と聞くと、多くの日本人は「ありえない、そんなのは詐欺だ!」と思われるのではないで ...

続きを見る