ブログ・サイトで広告収入を得る~Google AdSenseの始め方と審査通過

サイトからの広告収入を得るには、GoogleAdSenseがお勧めです。
 「Google AdSense」(グーグルアドセンス)は、WEBサイトに広告を掲載することで収益を得ることができるシステムで、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスです。
広告の掲載方法も簡単で、これからWEBサイトで広告収入を得たいと思われている方でしたら外せないサービスです。

Google AdSenseの審査

アフィリエイトをするならば初めに登録したいGoogle AdSenseですが、
審査が厳しくい、審査に落ちた」という声をよく聞きます。

私の場合は、3回も落ちました。

審査に落ちた理由を知りたい所ですが、そこは教えてはくれないのですよ。
今思えば、プログラムポリシーと禁止コンテンツを良く読んでいれば、一発で審査が通ったと思います。

●プログラムポリシー
●禁止コンテンツ

「プログラムポリシー」の内容をよく読み、自分が審査する側だった場合にどの様なサイトは審査を通すか?などを少し考えると自ずとわかってきます。

Google AdSenseの審査を通すポイント
① サイトの運営者情報を正確に記載する。
② 表示されないページを無くす。
③ アフィリエイトのリンクや広告を載せない。
④ 禁止コンテンツを扱わない。
⑤ Google AdSenseのスクリプトソースを正しく貼る。

以上のポイントを正すとサイトの審査は思いのほか通るかと思います。

① サイトの運営者情報を正確に記載する。

Googleは企業です。企業として広告主の広告を掲載するサイトの運営者や連絡先が不明では、そのような”責任者不在”の様な怪しいサイトに広告は載せない!。と思うのが普通です。

私の場合は、会社情報に、連絡先や代表者(運営責任者)を記載していませんでしたので、追記しました。

② 表示されないページを無くす

表示されないページが存在する=完成していないサイト です。
未完成なページに広告の掲載など許されるはずがありませんので、リンク切れや編集中のページが内容にサイトとして完成した物にする必要があります。

私の場合は、「サイトマップ」が未完成のページでしたのでメニューごと削除し代わりに「プライバシーポリシー」を掲載しています。

③ アフィリエイトのリンクや広告を載せない

「プログラムポリシー」に違反するので、他社アフィリエイトのリンクが掲載されたページや記事は、非公開やリンクタグの削除を行う。
消したつもりでも残っていたりして、それが原因で審査が通らない場合があります。
そういう私も広告を一つ掲載していましたので、2回目では広告を削除しました。

④ 禁止コンテンツを扱わない。

③と同様に「プログラムポリシー」に違反するので、禁止コンテンツを扱ったサイトは、審査には通りません。

Google AdSenseのスクリプトソースを正しく貼る。

私の場合、一番嵌ったのがこれです。正しい場所にスクリプトソースを貼ったつもりで、誤った場所に貼っていたために審査に通りませんでした。
Wordpressでサイトを作成していたので、誤った場所に貼っている事に最初は全然気づけず、「プライバシー違反」になっていました。
何処を直せばよいのか見当がつかず、一時諦めましたがGメールにその旨のお知らせが届いていた為に、ようやく気づきました。

その他 記事数は関係あるのか?

サイトの審査基準にそのサイトの情報量(記事なども含む)はあるのではないかと思いますが、私のサイトは、投稿記事数8本しかありませんでしたが、審査に通っています。

情報よりも情報内容やの方が重要なのではないかと思います。

5つのポイントを押さえれば審査通過は目前です

私の場合は、3回目で無事合格
Google AdSense審査合格
以上の3つのポイントを抑えるだけで、意外と簡単にバリューコマースの審査は通ると思います。
何度も審査で落ちているのであれば、サイトの内容や目的なども考えることが重要だと思います。

審査に落ちても何度でも再挑戦できますので、挫けずに諦めずに続けていれば、必ずや審査合格すると思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA