AI開発を始める~AI開発・学習の為にPythonの実行環境を構築する

AI開発・学習の環境構築
当サイトでは、Windows10に主に下記のツールとライブラリを使用してAI開発を行って行きます。
ツール/ライブラリ名 機能内容
Anaconda Pythonの実行環境
OpenCV 画像・動画処理のライブラリ
TensorFlow ディープラーニングのライブラリ
Keras ディープラーニングのライブラリ
Mecab/gensim 言語処理のライブラリ
①Anacondaのインストール
Anacondaには、Puthon開発環境とAI開発に使える様々なライブラリがインストールできるオールインワンパッケージです。
AI開発を行うには、Anacondaをインストールするのが王道(近道)です。

【Anacondaダウンロードサイト】
https://www.anaconda.com/distribution/


当サイトでは、Windows10の環境にてAI開発を行うので、「Windows」を選択します。

現在:2019/02/02の最新版は、「Puthon3.7 version」なので、「Puthon3.7 version」のDownloadボタンをクリックします。

ダウンロードされたファイル「Anaconda3-2018.12-Windows-x86_64.exe」をクリックして、インストーラーを起動します。※基本的には、「Next」ボタンを押して行けばインストールが完了します。

ユーザー選択に関しては、他のユーザーも使えるようにしたいならばAll Users、自分だけが使いたいならばJust Meを選択しましょう。
当方は、「All Users」を選択し「C:\ProgramData\Anaconda3」にインストールをします。

パスのチェックボックスは、両方のチェックを外しても問題はありません。
当方は、WindowsのコマンドプロンプトやPowerShellからもPythonを利用したいため、両方にチェックを付けます。

次からは、インストールしたAnacondaから使用するライブラリを個別にインストールして行きます。

Annaconda Promptを起動し、コマンドを入力します。

②OpenCVのインストール
pip install opencv-python
下記の様な結果が表示されればインストール成功です。

③TensorFlowのインストール
pip install –upgrade tensorflow==1.13.0rc1

※1.13.0rc1(バージョン番号)は、インストールするAnnacondaのバージョンにより異なります。

下記の様な結果が表示されればインストール成功です。

④Kerasのインストール
pip install –upgrade keras==2.1.4

※2.1.4(バージョン番号)は、インストールするAnnacondaのバージョンにより異なります。

下記の様な結果が表示されればインストール成功です。

⑤64Bit版:Windows10へMecabをインストール
Pythonのモジュールは、Python自体のバージョンや対応OSの違いによってパッケージインストールの方法に多少の違いが有るなど、少々手間が掛かる所があります。
特に、文章の形態素解析に使用するMecabモジュールは、64Bit版:Windows10へのインストールは複雑になっています。
よって当サイトでは、面倒な手間を省き「Windowsでもpipで簡単にmecab-pythonを入れるパッケージ」を利用させて頂きインストールを行います。

mecabのインストール
下記のURLから「mecab-64-0.996.2.exe」をダウンロードして、実行する。
https://github.com/ikegami-yukino/mecab/releases
pythonにmecabをインストール
下記のURLから「mecab_python_windows-0.996.1-cp37-cp37m-win_amd64.whl」を
ダウンロードします。

Qiitaサイト  ファイルはダウンロードするだけでOKです。

次にpipでコマンドを実行します。

pip install mecab-python-windows
または、
python -m pip install mecab-python-windows

下記の様な結果が表示されればインストール成功です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA